2018年11月12日月曜日

電子ピアノを買ったらなんでピアノが身につかなかったのかわかった

ここ数年、幼少期、とりわけたくさんの挫折をしてきた小中学生のころに挫折したことを、大人になってやってみるっていうのをいろいろ試しています。
といっても、たいていは必要になって覚えたり少しはできるようになったりというパターンが多いのですが。

タイトルの、ピアノもその一つで、話すと長くなるのですが、
母の知り合いがヤマハとかカワイ音楽教室みたいなものではなく特にピアノ講師みたいな資格があるのかもよくわからない人が勝手に知り合い同士でやってるインチキピアノ教室にどういう経緯か忘れましたが2,3年通っていたのです。
先生は楽器屋さんの家庭で育ったそうで、めちゃくちゃピアノがうまかったのであまりインチキインチキ言わなくてもいいのですが。。

ピアノ教室というといわゆる「バイエル」の練習曲を弾きまくって
だんだん難しい曲をやろうという流れが観測範囲では標準のようですが、
僕が通っていたところはインチキピアノ教室なので、なんとなくピアノや音楽が好きになればいいんじゃないのくらいのノリで、自分が好きな曲の楽譜を持っていって一曲弾けるようになろうみたいな感じでやっていました。

僕は、練習してなかったのもあるのですが、一曲弾けるようになるまでのペースがとても遅く、一年に1曲か2曲くらいのペースで進んでいました。もうほとんどなんの曲をやったのか覚えてないのですが。

今も当時も、楽譜読むのも5線譜をミファソラシ…って数えて読まないと読めないし、全然上達もせずに辞めました。最後のほうは全く練習せずに授業に出て怒られていましたね。

でもなんとなく楽器が趣味って高尚な感じがしていいじゃないですか。
1年に一度くらいまたやってみようかなと思うわけです。
そこで、ヤフオクでUSB MIDI入出力デバイスにもなるっていうヤマハの電子ピアノがあったのでぽちってみました。MIDIをいじってみたいってのもあったので。

それで届いたら、シーケンサーアプリのDominoとつないでみてなるほどーとかやりつつ、
ここで積んだら終わりだ…と思って、最後に教えてもらっていた、「G線上のアリア」の楽譜をネットでダウンロードして練習しはじめてみました。


結婚式場のCMなんかで流れてるような感じの曲ですね。
選曲は、当時中二病だったので曲名だけで決めたみたいなことだったのかもしれません。

はじめの音は…ふむふむ、ファのシャープ、なんとなくノリで右手だけやってみるか。
あーこんな感じだったっけなぁ。
とかやりつつ、今度は左手の楽譜を解読して、意外と覚えてるもんだな。
片手ずつならまあいけるじゃんと思い、両手で弾き始めようと思ったら全然進まない。
回数を重ねていくと体が覚えるので、なんとなくスムーズになっていく。
ああ、この感じ。ゴリ押しで回数を弾いて体で覚えさせる方式だったなぁ。と。

体が覚え始めると、脳を全然使ってないので、手を動かしてるのになんか暇だなと思ってしまって、別のことを考えはじめてしまい、間違える。やり直し。あ、最初から間違えた。

お前、集中力なさすぎだろ!!!

挫折して10数年、わかりました。集中力がないと楽器ってやれないんですね。
買って数日で挫折するの苦しいのでもうちょっと頑張りたいと思います。
一曲弾けるようにになりたい。。

0 件のコメント:

コメントを投稿