2020年8月17日月曜日

できるかもしれないけどやらないでいい

例によって寝られないのでどうでも散文を残しましょうね
一本めは最近気づいたこと

よく記憶はいろいろな結びつきがあるよねーというのは聞く話ですが、
最近気づいたのが、場所と聴覚に結びついた記憶って結構残るかもしれないということ。

いつも遠くへ出かけるとき用に聞いていた曲を聞いてみたら、
ああ、あの場所で聞いた曲だというのを思い出したり、
Radikoタイムフリーで長めの番組を聴きながら歩くことが多いんですが、
用事を済ませて帰りにどこまで聞いたかな?と適当に巻き戻した位置で再生開始して、
すでに聞いた部分が流れると、この部分を歩いていたときの部分だ!
というのが映像で出てくるんですね
なんというか、KMLでプレイリストや台本が保存されてるみたいな感じですね

僕自身集中力がないので、記憶力が本当になくて、
人の名前をはじめ数学の方程式の解き方や覚えゲーの歴史なんて壊滅な人間なんですが、
同じものを聴くと前回聴いた場所を思い出すの毎回とてもびっくりするので
ちょっとこれどっかにメモっときたいなと思ったのでした。
個人差はあると思うんですが、あとでも書きますがそういうニューラルネットワークがあるんだろうなと。

いわゆる座学で学ぶ機会って場所一緒じゃないですか。
確かにテストの問題用紙見ながら問題文のフレーズでもって、
授業のシーンが浮かんでモゴモゴ言ってるのだけ思い出す。
で、肝心の内容が出てこないんですよねー。
場所が毎回同じなのでオーバーラップしすぎてこれが当てはまらないのか!?
ダメじゃんって話なんですが、毎回場所が違えばきれいに思い出せるかもしれない!!
と全然意味ない上に意味ないことを思ったのでした



二本めは容易にはクリアできない問題について。
学校の勉強とかって、指導要領みたいなカリキュラムがあって
はじめのいっぽから段階的に進み続けるので、途中でコケるとついていけなくなると脅されがちですよね。 
確かに実際そうなるのです。特に算数なんてそうで、
掛け算わからなかったら割り算や面積の計算とか難しいですよね
まあさすがにそこで躓いてもきっとすぐリカバリーできると思うので大丈夫ですが、
その先出てくる一次関数とかわからなかったら二次関数も厳しいですよね
しかしそこまで来るとそんなのできなくても人生詰むことはなかろうと思います。 

僕は理系気取ってますがずっと算数が苦手だった(今も)ので
高校に入ってからようやく中学数学ができるようになりました
しかし高校数学もリアルタイムでは全然できず大学に入ってから少しできるようになったかな程度です。
それぞれリアルタイムでは落第レベルだったのをあとになって少しずつはできるようになってます。
(たとえば、微積の解き方とかほぼ覚えてないですが概念はちゃんとわかるよというレベルですが…)

言いたいのは、一度できなかったことがあると焦るんですが一旦諦めて
本当に必要に迫られたときできるようになるのもありなのではと。 
今の自分にはできないんだなと諦めて別のこと頑張るのもありなのではと思ったのでした。
これができないから何もできない!!と諦めるよりは別のことを頑張って自信つけたほうが自己肯定感上がると思います。

…と確かに思ったんですが、これは高校は定数割れ、
大学は指定校推薦で受験戦争を体験していないから言えることなのでした。
 受験のためには3年なりで確実に修得できないとダメですね。。。ええ
(ただ自分の場合それができたとしてもその後すぐ忘れそうです) 


三本目は最近ついったーで知ったこと。

本当に運動音痴なので球技、特に小さいボールが高速に行き来するスポーツってどういう原理で人間が動いているのかすら不明だったのですよ。
そしたら

こんな完璧なレスをこの短時間でしてくれるのすごい!
この情報で僕の中に革命が生じました。
リンク先を読んでほしいんですが、
フィードバックで動かしてたら人間のハードじゃラグくて間に合うはずがないと。
練習を重ねることでなんと球の軌道を予測するニューラルネットワークができあがるそうです!!

これについてはAIのニューラルネットワークの構築と同じで(というか元ネタですし)、
非常に膨大な繰り返し数が必要と思います。
あとはやっぱり人間の脳って忘れてしまう機能もあるので、
すごい勢いで反復しないとできない人も多いのではというのは容易に想像できます。
中にはこれがサクッとできてしまう人もいるのかもしれません。それがいわゆるセンスなのでしょうか。
しかしこれで、千本ノックとか言いますがあながち間違いじゃないということか…と思って痺れました。

昔できず諦めたことをあとになってできるようになればいいじゃないかと
冒頭で書きましたが…うーん。。野球はできなくてもいいかな(逃げるな

0 件のコメント:

コメントを投稿