2020年2月16日日曜日

ESP-IDF v4をWindowsのVS Codeで使いやすくしてみる(PlatformIOなし)

https://blog.nyancotech.online/2020/02/windowsesp32esp-idf.html
の続きです。
WindowsでESP-IDF v4環境の構築は上記ページをご覧ください。

まずは普通にインストールされたESP-IDF Command Promptを開きます。



Using Python in C:\Users\admin\AppData\Local\Programs\Python\Python37\
Python 3.7.3
Using Git in C:\Program Files\Git\cmd\
git version 2.25.0.windows.1
Setting IDF_PATH: C:\Users\admin\esp\esp-idf

この部分をメモっておきます。


VS CodeでESP-IDFディレクトリを、「フォルダを開く」から開いたあと、
左下の歯車ボタンから設定を開きます。


Workspaceタブを選択し、Terminal欄をクリック、Edit in settings.jsonをクリック


 {
    "terminal.integrated.shellArgs.windows": [
        "cmd", 
        "/k", 
        "..\\.espressif\\idf_cmd_init.bat", 
        "C:\\Users\\admin\\AppData\\Local\\Programs\\Python\\Python37\\", 
        "C:\\Program Files\\Git\\cmd\\"
      ]
}

ここに上のJSONを環境に合わせて変更して入力後保存します。
..\\.espressif\\idf_cmd_init.bat
の行には、インストールした.espressifディレクトリ内の
idf_cmd_init.batへのパスを入力してください。
自分は
esp- .espressif
     L esp-idf
というディレクトリ構成にしているので
カレントディレクトリのesp-idfディレクトリから見ると
..\.espressifが.espressifの場所になってます。
Python37というのが書いてある行は、
初めにESP-IDF Command Promptで表示されていた
「Using Python in...」の右に書いてあるディレクトリを入力します。
Git\\cmdというのが書いてある行は、同じく
「Using Git in...」に書かれている行を入力します。

それぞれパスの区切り文字はエスケープ文字として認識されてしまうので、
\\と2つ続けて入力してください。




settings.jsonを保存して、Terminal->New Terminalでターミナルを開くと、
VS CodeからESP-IDF Command Promptが使用できます!
idf.py flash -p COM10とかやればこの画面のまま書き込みまでできます!


0 件のコメント:

コメントを投稿